(財)生涯学習開発財団認定コーチ

2015年より連続ピティナコンペティション指導者賞を受賞

ピティナ初級指導ライセンス保有
ピティナ中級指導ライセンス保有

第13回大阪国際音楽コンクールピアノ部門AgeG(一般)ファイナリスト

第14回万里の長城杯国際音楽コンクールピアノ一般部門入選

2012年フランスクールシュベール国際音楽アカデミーに参加しパスカル・ドヴァイヨン村田理夏子各氏のマスタークラス受講
フランス①
フランス➁
フランス③

HANAMIZUKI文化協会 種とつぼみの音楽コンクール審査員  

コンサート
コンサート➁
コンサート③
ロイヤルオークホテルロビーコンサート、イベントコンサート等行う
(幼稚園クリスマスソロコンサート、式典ピアノ、開店記念コンサート)

自らの経験とプロコーチとしてのスキルをレッスンに活かし成果をあげています。
2017年2月3日は名古屋まで指導実技を受けにいってきました。

今年度中にとってしまいたいと思っていた中級指導実技と上級指導実技

試験17時~20時と遅い時間なうえ、次の日9時レッスンスタートでちょっぴりハード。

今回も各級5曲ずつの中から1曲づつ当日指定で

この日はなんとバッハづくし(笑)

いや、内心笑い事ではなく、、

中級がシンフォニアで上級が平均律プレリュード&フーガ

演奏もごまかしきかないですが(本当はごまかしてはいけません・笑)

指導実技もごまかしきかない気がしてそれだけでもドキドキしていたのですが、

入ると結構大きいホールでマイク持って15分ほどのレッスンするという信じがたいシチュエーション。

審査員の先生方と他にも見学されている方の中、レッスンさせていただきました。

舞台に上がってモデル生徒さんに挨拶したら、

客席が暗くて目に入らず、以外と気にならずリラックスして結構楽しく出来ました。

中級生徒さんとは後でご挨拶に来て下さり、お話しました。

コンペも受け続けていてしっかり弾く方でした。

今中2で今年中3になるからE級になっちゃうんです~~でも頑張りますと目がキラキラ。

チャレンジを応援したくなる意志の強い素敵な女の子でした。

同じ受けに来ていらっしゃる方々ともたくさんお知り合いになれて

とっても楽しかったです!

結果が昨日届き、今までずっと頂いていた最高点はとれなかったけど、

上級は最高点まで後0.3点とまずまず~の評価をいただけました。

これで中級指導過程の演奏、指導、小論文、筆記が合格点で終了し

DSC01084(1).jpg
わ~い、頂きました!

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
コーチ・エィより、2014年9月末から受講していたCTP(コーチ・トレーニング・プログラム)修了証をいただきました。

043.jpg

2016年よりカリキュラムが変わり、今年に入ってからはCoachacademia(コーチャカデミア)で必要な単位を

取得しました。

移行期に在籍していたため、終了後も今年末まで受講できます。

ということで、張り切って週3ほど受講していましたが

今は週1、ペースを落としていて、また8月後半から増やすつもりです。

何と言っても今度のコーチァカデミア、1つクラス終えるごとにレポート(簡単なものですが)と宿題。

以前の毎週宿題はあるけれど4週間1レポートの以前に比べるとサボれないシステムになっています。。

先週金曜日のクラスを受けてから一週間以内というと、、

明日までだわ。

ブログを書いていてはいけませんね。

クラスの内容しっかり頭にあるうちに書かないと、

思い出すのに時間がかかる~

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
いよいよ夏が近づいてきた感じがします。

今日も暑かった~

0536.jpg

5月はいっぱいイベントがあり、その中に試験がありました。

ところが連休中、人生初の腰痛になり、自力で立ち上がるのが困難に。

8日指導者検定演奏実技中級と指導実技試験の日

前日はレッスンはしていたものの座りっぱなしが出来ず、長く座ってしまうと自力で立てず

12時半すぎ指導実技で演奏は17時半回ってからなので、

5時間近く座っているのは無理だなと思い、試験会場に横になれる長椅子はないか確認しての出発。

当日行ってみると支部のスタッフの方の「英語レッスンルームで横になっていてくださいね」

という優しいお心遣いにじーん。

間の時間はずっと横になっていられて何とか無事に終えることが出来ました。

しかも熟睡してしまい疲れまでとれて(笑)

気が張っているのもあったのでしょう、帰ったらまた痛みが前日レベルに戻りましたが、

一週間ほどで復活いたしました。

受けられないと半年後1年後になったところ。

そんなこんなのドタバタ受験でしたが、先日通知が届き

検定中級演奏実技、指導実技 無事合格しました!

古典は全楽章再現部カットと思いきやしっかりほとんど全部で15分、想定外。

特に足を引っ張っていたソナタ全楽章 まだまだですが

とりあえず次へ。

30分も、、高い山です。

自分の年齢考えてみ?ともう一人の自分が叫んでいますが

立ち止まっていても何の得にもならないので前向いて先に進みます。

その前に脱力をということで、数か月間曲は弾けないことに。

どんなことになるのか、、先を楽しみに頑張ります。

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村


11月1日は岐阜へ

小さな種とつぼみの音楽コンクールの審査をさせていただきました。

種の部は演奏後すぐマイクを使って口頭で講評を、つぼみの部は講評用紙に。

演奏後すぐに頭の中を整理して伝えるということが、とても難しく

というのも、100パーセント褒めるコンクール。

ただ褒めるのではいけないのです。

演奏、強み、背景、タイプ全てに耳を傾けて

どの子もダイヤモンドの原石その子の輝きのポイントを掴む。

トレーニングは積んだのですが、本当に難しい。

「演奏者が気づいてないところまで良いところを沢山見つけて、伝えていく。
可能性をあきらめないで、信じて伸ばしていく」

時間の経過と共に、楽しくなってきて心が温かくなりました。

全体講評も1部の後2部の後と二回あってドキドキでしたが、無事に終えられました。
006.jpg

終了後もとてもとても楽しい時間を過ごさせていただきました。
005.jpg

このコンクールはHANAMIZUKI文化協会から発足
「子供達が自発的に育つためには、まず自分の強みを知って受け入れる必要があります。
強みがわかってこそ、自分の苦手なところ、弱いところを克服したいと思えるようになるのです。
自分の演奏を評価、否定されず、あたたかい見る目を持った
大人達からきちんと認めてもらうことで自信がつくのです。」

HANAMIZUKI芸術フェスティバルへと繋がっていきます。
「HANAMIZUKI文化協会は、心豊かに音楽を、芸術を愛し、人間性を豊かで伸びやかなものとするため、芸術本来の力を呼び覚ます試みとして生まれました。そのため、様々なジャンルや垣根を飛び越え、既存の価値観の垣根を取り払い、全ての人々と社会を豊かにするための芸術的活動を行うために、音楽フェスティバルではなく、芸術フェスティバルと名づけました。優劣を競うのではなく、自己を発見するため、様々なジャンルの審査員をお招きし、意見や感想を述べてもらうという、画期的なフェスティバルオーディションが生まれました。会場に来た一般の方を審査員とする、一般審査員制度を創設することもHANAMIZUKIの理念に基づいてのことです。どれだけ人の心に届いたかが評価の対象となるこの試みは、専門家の方々にも学習者の方々にも、芸術の本質を示唆する試みとして好意的に受け止められています。」

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村