先日伴奏者に選ばれ全校生徒の前で弾いてきた生徒が

「無事演奏を終えられました」とレッスンで報告してくれました。

01


今年何人もの生徒達が伴奏者に選ばれたいと言っていて、そのお一人目として頑張ってきてくれました。

うまく弾けて楽しかったそう!

何時も譜読みにはちょっぴり苦労している彼女、

なかなか、というかかなり難しい楽譜をこんな短期間で譜読みしたんだと感心しました。

なんとしてもゲットしたいという気持ち、これ大事かもしれません。

はじめは何人も立候補者がいたけど読譜が難しくて途中でぐっとライバルが減ったそう。

読譜力は磨いておくと余裕がでるから、普段から初見たくさんやったり、

新しい楽譜をどんどんよんだりするといいですね。

曲の完成度を上げて舞台で弾く経験をたくさんしていると、立候補の抵抗感もないし

音色やタッチなど表現力を磨いたりしているから

弾けた段階でだいぶまとまとめられます。

また、次も立候補するそうです(笑)

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村








昨日は先々週に引き続き、二人目の生徒の入賞者コンサートを見届けてきました。
57.jpg
左がプログラム 右がチラシ

2週間前は大阪アクア文化ホールで西日本地区入賞コン、

この日は琵琶湖ホールで滋賀地区の入賞コンでした。

新年会が前日にあったので、タイミングよくリハーサルも出来ました。

お正月あけのゆるゆる状態から、

この2週間はまめにレッスンに通い

数日ごとに変化を出せていました。

入賞者コン用に選んだ曲でなく発表会の為に選んだ曲。

跳躍黒鍵だらけというリスクがあったので、

入賞者コンに向けて完成度を上げるのが課題でした。

難しそうだなと初めは思っていたようですが、

無理でなくなり、、

「このホール本当に良く響いて気持ちよかった!」だそう。

コンクール2回経験して舞台度胸もついてきたのかな。

1音1音ていねいに奏でられるようになってきました。

無理と思わず、どんどん色んな事を経験してくださいね。

私は最後までいれず、送って頂いたお写真です
58.jpg

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
昨日は本当たくさん雪が降りました。

息子達が小さいときは毎年スキー(スノボも挑戦した年も)に行って楽しんでいましたが、

もうスキーをやらなくなった今、雪が降ると電車や車の心配ばかり。

今スキーをやったら次の日筋肉痛で起き上がれなくなりそうだな~(笑)

なんとか電車が動いていて大阪へ。

生徒の入賞者記念コンサートを見届けてきました。

このステージに立って刺激をたくさん貰ったことと思います。

初入賞者コンサートの彼女にどんなコンサートか話して、

年末年始も通い、前日レッスンでやっと場面の音色の変化まで出来、

1音、彼女の思い通りにいかなかった音がありましたが

本番でも音色の変化をしっかり表現出来ました。

さて、私も密度の濃い日々にしていけるように頑張ろう。

2unnamed

44.jpg

044.jpg

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
【合唱コンクール】

中学生の生徒AちゃんとSちゃんが合唱コンクールの伴奏ピアニストに選ばれ1ヶ月半~2ヶ月

0001.jpg
発表会の曲よりも伴奏曲をレッスンに持ってきていたSちゃん

先日無事終えて最優秀賞をいただけたそう。

Aちゃんも銀賞をいただけたようです。

合唱コンクール伴奏者オーディションで選ばれて、活躍する生徒が増えています。

難しい譜読みも短期で必死で頑張れるから、

やりたいって気持ちのパワーはやっぱり凄いなー。

さてさて、これで発表会の曲に集中してもらいますよ(笑)

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村

コンペ本選週末は教室メンバーは最終日

先日の西日本3本選A1級生徒本選優秀賞と滋賀本選C級生徒の本選奨励賞

今日は引き続き京都本選A1級生徒、そして同じく京都本選A1級生徒が本選奨励賞を頂きました。

おめでとうございます!

昨年は初めて出場で予選2回目で予選奨励賞、、本選には行けず。

残り2曲弾けなかったのが悔しかったようで今年は予選通過が目標でしたが、

本選の練習もさいごまで諦めずねばり、本選入賞を果たしました。

ソロA1級~D級まで8人が本選出場

僅差で本選には届かなかった人も

本当にみんなこの半年で確実に成長されました。

送って下さったお写真やお手紙、メールをながめています。

思うように結果につながらず悔しい思いをした生徒さんも。

これからどう未来に繋いでいくかが大切だと思います。

小さいながらも、苦しい思いをしたり等楽でない道を選んで乗り越えてきたことに

拍手を送りたい。

仲間同士助け合いながら、仲間の成功を共に喜びながら進んでこられたこと

すばらしいと思っています。

見守ってくださった保護者の皆さま、サポートありがとうございました。

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村