先週に引き続き、4日は生徒が出演する入賞者コンサートを見届けてまいりました。

演奏前、Aちゃんは昨日までくるしく格闘していたけれど今日は本番楽しみ!という表情

Yちゃんは少し緊張した面持ちでした。

やはり学年とともに緊張感は増します。

Aちゃんは前日まで仕上げに苦労しました。

小2 初ショパン ポロネーズ

ペダル、手とペダルを上げるタイミングも耳をつかっておこなうこと、細かな動き、跳躍のバス音

何から何まで初めてでしたが、当日は前日あやふやだったところもクリアしてくれました。

デュナーミク、キャラクターの変化もしっかりあり、

何より表現するのが楽しいというオーラがでていました。

小5Yちゃんはシューマン大好きでこの日はシューマンづくし

本人は納得いってなかったようですが、ずっと課題だった響く音と曲の説得力が

格段に良く変わりました。

慎重に演奏、端正だけどこじんまりした印象だったところから飛び出ました。

このホールいっぱいに響いて彼女の表現が素敵でした。

DSC_1731.jpg

DSC_2445.jpg


先週から引き続き、二週にわたり

生徒の成長する瞬間に立ち会えること、

そしてそのことを喜んでくださる保護者の方の笑顔を見れて幸せな日曜日でした。
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村

昨日は生徒が出演するピティナ入賞者コンサートに行ってまいりました。

Mちゃんは2週間前までコンクール参加していたので、

2週間で入賞コンの曲を詰めるつもりがインフルエンザでレッスンをお休みされ

残り一週間で仕上げました。

テンポは驚くほど速かったけれど丁寧な印象で、

レッスンで教えたことやこうしたいという想いを

懸命に音で表現しようとしているのが伝わってきました。

音もよく通って心に届く演奏でした。

そして、

ショパンコンクールの入賞者ピアニストの関本昌平さんと同じ舞台を踏めるなんて

貴重な経験ですね。

関本さんのスケルツォ2番、本当に素晴らしかった!

子供たちに本当に良い音楽に触れる機会を与えてくださった主催者の方に感謝です。

image1 (8)(1)

DSC_2443.jpg
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
先日Mちゃんが見事難関中学合格されました。

よくやった~

入るのがかなり難しく長男の学年は小学校から1人だけだった覚えが、、。

昨年春から夏はピティナコンペにチャレンジし、ピアノと塾とスポ少との両立

本選の日程はスポ少試合や受験中学の学校説明会などを省くと、

この日しかないねぇ、なんてコンペの日程を決めてたほど。

学校の伴奏オーディションも合格し、

冬の発表会はシューマンの幻想小曲集より1曲を頑張りました。

受験だからと短い曲にしたけれど初シューマンで苦労したね(笑)

冬休みに入るまでは1時間の練習時間を確保し、冬休みからは30分以上という感じだったかな

一つも課題を減らすことなくレッスンもきちっと来てくれて、

感心してみていました。

学業のためにピアノの課題を減らすとか、やってないとかいろいろ言えたわけです。

そう言って他をセーブしたら成績が上がったという人は今まであんまりいないんだけどね~

けれど、何からも逃げずにすべて両立して得た合格

おめでとう!

きっとこれからもさらに時間の使い方も上手に、磨かれていかれることでしょう。

まずは卒業式の伴奏曲頑張ってね!

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村

ショパン国際ピアノコンクールinASIA 全国大会からアジア大会に進んだMちゃん

image1.jpeg
これは送ってくださった全国大会の写真

アジア大会で心配だったところもしっかり決まったようで頼もしいです。

賞がいただけなかったのがちょっぴり悔しそうですが、上には上がいますものね。

よくここまで頑張ってくれました。

これから1年頑張って、また出られるよう日々の練習を大切にするとのこと。

すばらしいです!

Mちゃんは、今でもピアノを始めた時からカード、教本、楽典等出された課題を

毎日コツコツこの年齢には多めの練習を一定時間できる生徒です。

いつも明るくサポートしてくださるお母さまに感謝しています。


コンクール間際だけ必死になるのでは限界がありますし普段が大事。

ただ普段が大事といえども直近の目標がないと

目標に向かって頑張っている子と同じ練習時間やっても伸び方は大きく変わってくるでしょうね。

成長するためのツールとして、

普段の練習だけでなくコンクールやステップを上手に使っていきたいと思います。

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
年末年始は無事コンサートを終え、生徒のコンクールレッスンや

横浜へ行ったりで充実した日々を過ごしていましたが、

二週目からは通常レッスンがスタートし普段の生活に戻りました。

大人生徒Mさんが12月23日に行われたべーテン音楽コンクール全国大会入選の賞状と

講評を持ってレッスンに来てくれました。

初めてのコンクールながら全国大会入賞に後一歩

昨年は練習の仕方も緻密に、ステージでの所作も意識しました。

お仕事と家事との両立、よく頑張ってくれました。

結果発表が遅かったので郵送手続きをし帰ってこられました。

全国大会翌日の24日、教室のコンクール仲間のSさんと私が出演するコンサートを、

聴きに来てくださり、温かい演奏へのメッセージをいただきじ~~ん。

さっそく新曲の譜読みを最後までしてこられていて凄いです。

フランスのものがやりたいとずっと言っておられたけれど、

1年半フランスのものばかりやり続けてきたからか、今度は全然違うタイプ。

これも楽しみです。
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村